大学に行かない選択専門学校で保育士を目指す

現在、「大学全入時代」とも言われ、高校卒業後、多くの人が四年生大学に入学しています。少子化により受験生の数は減りましたが、大学の数は減っているわけではないので、希望すれば誰でも大学に入学できるのが現状です。保育士資格は、四年制大学、短期大学、専門学校のいずれの学校でも取得出来ます。教員免許の様に1種、2種などの違いもないので、どの学校を出ても保育士資格は全く変わりません。

「将来は保育士になりたい」と確固たる目標があるならば、専門学校で資格を取得するメリットが最大限に生かせるでしょう。まず、専門学校で保育の勉強をする場合、大学や短大と違い一般教養や語学などの授業を取る必要が無くなりますので、二年間思いっきり関連教科のみに集中出来ます。もちろん、実習にも何度か行く事になりますので、保育関連の学科と実習の連続で、身に付くものも大きいでしょう。保育士の就職は、一般の会社への就職とは事情が違います。

制作や壁面作り、楽器や歌など、即戦力となる実力があればすぐに認められますので、みっちりと専門的に勉強してきた卒業生は、現場ではとても重宝されます。また、専門学校は、学校側も”保育士”への就職実績に特化しているので、ルートや人脈がすでにたくさんあるので、就職先に困るような事はないでしょう。何となく周りに流されて大学へ行くよりも、目的がしっかりと定まっているのならば専門学校へ行くメリットの方が大きいかもしれません。