専門学校で保育士を目指す

働く女性の増加に伴い、全国的に求められている人材が保育士です。保育士になるには国家試験に合格する方法と、保育士養成学校を卒業する2つの方法があります。養成学校には4年生大学、2年制大学(短大)、そして専門学校があり、それぞれにメリット・デメリットがあるので自分に向いている学校を選ぶ必要があります。ここではそのうちの専門学校について詳しく紹介していきます。

専門学校の特徴は2年または3年で専門的に保育に関する内容を学び、すぐに有資格者として働くことができる点です。授業の内容もより実践的で現場のニーズにこたえた内容が多いため、卒業後は即戦力となることができます。また入学の選考方法が学力試験重視ではなく小論文や面接の比重が高いため、入学しやすいといわれています。入学金や授業料も大学や短大と比べると抑えられます。

保育士以外の職業を考えていないのであれば専門学校がもっとも確実な養成機関といえるかもしれません。逆に幼児教育を学問として研究したい場合や保育士以外の職業に就く可能性があるのならば、大学や短大が向いています。また専門学校はカリキュラムがぎっしり詰まっているので、時間の都合が難しい主婦や働きながら資格取得を目指そうとする方には国家試験のほうが向いています。また、サークル活動や学園祭などの学生らしいキャンパスライフを楽しみたい方も大学や短大を選ぶとよいでしょう。

自分の人生設計をしっかり描いて進路を決めることが大切です。