保育士の専門学校を選ぶ意義

保育士の専門学校は、厚生労働省の認定を受けているところであれば、早津行と同時に保育士の資格を取得することができます。試験を受けて合格して資格を取るルートもありますが、この試験の合格率は約2割で、決して容易に合格することができる試験ではありません。その点、専門学校に通う場合は、そのような難しい試験に合格しなくても資格を取れるというメリットがあるため、どうしても資格が取りたいという人には、最適なルートとなります。単に資格が取れるだけではなく、中身の濃い教育が受けられる点もメリットです。

実技も行われるため、頭に入れた知識を実際に生かして身に着けていくことができます。これは、独学では決して学ぶことができないところです。専門学校なら教育ノウハウもあるため、これらの点をしっかりと教えてくれます。単に、試験を受けなくても良いというだけがメリットなのではなく、役に立つスキルを身に着けられることがポイントです。

資格を取得した後も、就職に有利であるというメリットがあります。専門学校で学んで保育士になった人は、そうではない人に比べて実践的なスキルを身に着けていますので、高い評価を受けるからです。また、人材を多く輩出してきたという実績があり、先輩の活躍のおかげで高い評価をもらえるので、就職率も高くなっています。そのため、せっかく資格を取ったのに働く場所がない、という事態には起こりにくくなります。

これも、大きなメリットです。