保育士の専門学校にもいろいろとある

確かに保育士の資格を取ることができるのが専門学校になりますが、いろいろと種類があることを知っておきましょう。短大と比べられることが多いですが、学ぶ内容はそれほど変わることはありません。ただし地元に密着している短大や専門学校になると、その後の就職に有利になることもあり、特に地方では顕著にそれは表れます。だからこそいろいろあることを知っておきましょう。

最大の関心事になるのは保育士の資格取得になるはずです。専門学校といっても厚生労働省から指定を受けている学校であれば、そのまま卒業をすることで資格が取得することになります。しかし指定を受けていない学校になると、併修校になり短大などの通信カリキュラムに参加して取得を目指すことになります。どちらがスムーズな保育士の資格取得になるのかは明確になりますので、なるたけ指定校の学校に入学をすることをおすすめします。

もうひとつ頭の中に入れてほしいのは、日本の保育事情の波として、幼保一元化が訪れていることです。幼保一体化とも言われることがありますが、同じ意味であり保育園と幼稚園を一緒に行うことになります。スムーズな受け入れができ、そして義務教育である小学校までそこで学ぶことができますので、今度は幼稚園探しに困るようなことも少なくなるでしょう。このような事情から幼稚園教諭の資格も同時に取得することをおすすめします。

専門学校によっては保育士の資格と同時に取得することも可能です。