音楽専門学校と音楽大学の違いについて

音楽を学ぶための学校として、音楽専門学校と音楽大学があります。どちらも、音楽を学ぶ場でありますが、様々な違いがあります。まず、音楽専門学校は、実践的なことを学び、就職や音楽業界デビューを目指す場です。中には、ボーカルコースや音響機器コースといった、音楽業界でやっていくための専門的なコースが求められています。

特に、ポピュラー音楽の世界で活動していきたいという人たちが入学します。オーディションに合格するためのノウハウや、就職するためのテクニックを学ぶことができるようになっています。音楽大学は、主にクラシック系の音楽に関する技術や知識を学びます。ここでは、演奏テクニックも学びますが、理論などを基礎からしっかりと学んでいきます。

必ずしもオーディションのテクニックを学ぶことができるわけではありませんが、コンクール入賞のためのトレーニングは受けられます。また、大学であるため、一般教養などの多彩なジャンルの知識も身につけられます。どちらも、特定のジャンルに特化した学校であるため、潰しがききにくく、卒業後、必ずしも全員が音楽界で活動していけるわけではありません。ただし、音楽大学は4大卒の資格が取れるため、音楽専門学校よりは、比較的潰しがききます。

音楽専門学校は、その点で劣っていますが、ポピュラー音楽に特化しているので、その分野を目指すのであれば、知識を得ることももちろん、人脈を構築できるという点についてはメリットがあります。