音楽専門学校に通うメリットについて

音楽専門学校は、音楽を学ぶことができる専門学校です。一般に、専門学校は、大学に比べると、実践的なことを学んでいきます。音楽専門学校では、例えば、楽器の演奏のスキルを講師の先生に教わったり、実用できな知識を座学で学んでいきます。ポップス系の音楽を扱う音楽大学は少ないので、それらを学びたい人は入学をします。

もちろん、クラシック音楽を扱っている音楽専門学校もあります。ここに通うメリットは、専門スタジオなどの機材がそろった環境で、本格的なテクニックを学ぶことができる点にあります。また、プロの講師から指導を受けられるので、目的意識をもって努力すれば、将来的に音楽を生かした仕事をすることが可能です。ただし、デメリットもあります。

それは、つぶしが利かないという点です。音楽大学であれば、卒業後、学士の資格を取得できるので、仮に音楽の道をあきらめたとしても、大卒の求人に応募することができます。また、音楽教師の資格も取れるので、学校の先生になることもできます。一方、音楽専門学校は、あくまで専門学校であるため、そのような資格を取ることはできません。

また、入学試験が課されないので、誰でも入学することができます。それは、周りのレベルが低いということにつながります。中には、単に学生期間を延ばしたいがたまに、進学する人もいます。そういった人に流されやすい人だと、向上心を保てなくなります。

したがって、進学するかどうかはよく考えて決めましょう。