音楽専門学校で学ぶ意義とは

音楽は、別段誰かに学ばなくても、独学で覚えることはできますし、音楽で活躍している人は、必ずしも音楽系の学校を終わっているわけではありません。そのため、音楽専門学校に通うかどうかは、きちんと自分の目標を決めた上で決めるようにしましょう。なぜ、そのようなことを言うのかというと、音楽専門学校はつぶしが利かないからです。音楽大学なら、音楽の先生の資格を取ることもできるので、音楽の世界で活躍できなければ学校の教師となることができます。

しかし、音楽専門学校では、そのような資格は取れません。また、就職先も、必ずしも音楽系の仕事に就くことができるわけではありません。多くの人たちが、夢に破れ、普通の仕事をしていく現状があります。一般企業に就職できればよいですが、中には正社員になれず、アルバイトを転々とする卒業生もいます。

それは、きちんと将来ビジョンを描かずに学校へ行ったことの結果です。音楽専門学校は、有名な講師を招いたり、音楽スタジオを備えたりと、教育環境自体は充実しています。しかし、入学試験はないため、誰でも入ることができます。入学試験という、一種の競争がないので、自分の能力が高いか低いのかを把握せずにいる人も多いです。

しかし、成功する人は、能力が高いです。そのため、ほとんどの人は、能力が低いわけですが、入学時点で絞られないので、あきらめを知ることができません。それに加えて、二年間しか、学ぶ期間がないため、能力が低く、モチベーションが低い人は、性交することはできません。したがって成功するためには、目標をしっかりと持ち、短い期間を生かす確実に生かすという、高い意識が必要です。