実力のあるプロになるための製菓専門学校選びのコツ

パティシエや菓子パン職人などの夢をかなえる学生たちが門をたたくのが、洋菓子や菓子パンなどの作り方を学べる製菓専門学校です。洋菓子科や製パン科などの学科を開設している学校は全国各地にあるので、たくさんある専門学校の中からどの学校に入学を決めるのか、どれも魅力的に感じて迷った経験がある学生さんも多いのではないでしょうか。学校の選び方次第で自分の成長や就職先まで結果が変わる可能性があると思うと、慎重にならざるを得ないのは当然のことです。すぐに結論を出さずに、体験入学に参加して実習を体験してみるなど、じっくり決めましょう。

現場で即戦力になれるような実力を身につけたいなら、実習を重視したカリキュラムを組んでいる製菓専門学校が適しています。学校での授業は実習と講義から構成されています。自分がプロとして活躍するために必要な資格の取得を目指したり、自分が作るお菓子やパンが一体どのような物なのかといった知識を身につけるための講義も確かに重要です。しかし、プロとしての腕を磨くには実習を積み重ねることが近道です。

大手の製菓専門学校でも、実習と講義の割合を7対3というバランスにしているところもあり、洋菓子だけでも300種類以上も制作できます。製菓専門学校側が積極的に公式サイトなどで情報を積極的に行っているところも信頼できます。就職実績や講師の経歴は当然の情報として、授業風景を撮影した動画や在校生インタビューなどがあると参考にしやすいです。